北海道の地理的特性

北海道は日本海、太平洋、オホーツク海の三つの海にかこまれており、
これらの海は二つの海流の影響をうけています。
日本海海域では対馬暖流が沿岸に沿って流れるため、夏季の水温は比較的暖かくなり クロマグロなどの暖海性魚類の回遊もみられます。また、オホーツク海海域では、冬季は、 シベリア大陸沿岸で発生した流氷がオホーツク海を南下し沿岸に接岸します。 流氷が接岸している間は漁船を陸揚げしているので漁業は出来ませんが、春になると 水温の上昇により解けた流氷から豊富な栄養を含んだ水が流れ、沿岸生物の繁殖に役立っています。 特に海底が砂礫の海域はホタテガイの好漁場となっており道内の主生産地となっています。 根室海峡の周辺では、秋サケの漁獲量が最も多い地域でもあります。

北海道道東エリアは日本一の酪農地帯

酪農王国北海道では乳製品も盛んでチーズ、ヨーグルト、アイスなども美味しいです。世界的に有名なアイスメーカーハーゲンダッツ社も原料に使っている牛乳は北海道の浜中町

 

北の漁師の技

また、広大な範囲には多くの種類の魚介類がいるので、漁師さん達も魚の居る場所や 漁法を研究し、遠洋漁業、沖合漁業、沿岸漁業、定置網、底引き、刺し網等、数々の 漁法を用いて漁を行っています。豊富な魚が居るだけでなく、いかに 新鮮・安全で美味しい魚介類をお届けするかを追及しているのです。

北海道は日本海、太平洋、オホーツク海の三つの海にかこまれており、
これらの海は二つの海流の影響をうけています。
日本海海域では対馬暖流が沿岸に沿って流れるため、夏季の水温は比較的暖かくなり クロマグロなどの暖海性魚類の回遊もみられます。また、オホーツク海海域では、冬季は、 シベリア大陸沿岸で発生した流氷がオホーツク海を南下し沿岸に接岸します。 流氷が接岸している間は漁船を陸揚げしているので漁業は出来ませんが、春になると 水温の上昇により解けた流氷から豊富な栄養を含んだ水が流れ、沿岸生物の繁殖に役立っています。 特に海底が砂礫の海域はホタテガイの好漁場となっており道内の主生産地となっています。 根室海峡の周辺では、秋サケの漁獲量が最も多い地域でもあります。

昼夜の寒暖差

野菜を美味しくする寒暖差

野菜が甘くなる成分は気温が下がるときに作られます。それは野菜たちは外気温が下がると凍ったり傷んだりしないように身を守るための成分を出します。これが野菜の甘みとなる糖分です。寒暖差が日本一大きい北海道では野菜が甘い理由がここにあります。